コレクターに人気、ブリキの玩具

懐かしい味わいのブリキの玩具。
現代ではちょっとしたインテリアとしての人気も出て来ました。

 

ですが、このブリキ製のただの玩具が、
古いもので価値あるものだとかなりの高額で取り引きされています。

 

明治から昭和にかけての古い玩具はブリキの玩具に限らず、
コレクターの人気は高いものがありますが、
ブリキの玩具は特に歴史的にも芸術的にも価値があるので、
収集している人が多いようです。

 

 

日本でのブリキの玩具が作られ始めたのは、明治時代の頃です。
ですが、盛んに作られていたのは、昭和初期から中期にかけてのことでした。

 

特に、戦後は日本人の器用で丁寧な作りのブリキの玩具は、
欧米で人気になり、戦後復興の一役を担っていたとも言われています。

 

もちろん、輸出だけでなく、
当時の日本の子供たちはブリキの玩具でよく遊んでいました。

 

ですが、何十年後にすごい価値が出るなんて夢にも思わないですから、
遊んで壊れたら捨てて行きました。

 

 

ブリキの玩具はブリキ板が材料になります。
それで自動車、電車、ロボット、飛行機、人形などを作り、
きれいに塗装を施したり、絵を描いたりして作ります。

 

ブリキと言っても鉄に錫をコーティングしているので、
腐食しにくく、またかなり頑丈です。

 

 

またブリキの玩具は、ゼンマイで動くように出来ていたり、
音が出るようになっていたりするものも多くあります。

 

かなりの技術で精巧に作られているので、
日本人の物を生み出す力を感じることが出来るのも、
ブリキの玩具の魅力です。

 

戦後はアメリカ向けのものが多く作られましたが、
その精巧な作りのため、それが評判を生みました。

 

 

平らなブリキ板でものを作るには、金型作りが重要ですが、
昭和30年代までは、手作業で金型を作っていました。

 

タガネとやすりだけで素晴らしい金型を作りましたが、
中でもB-29の戦闘機は、アメリカで100万個も売れたそうです。

 

 

また明治から大正時代に作られたブリキの玩具の特徴の1つは、
きれいな絵が描かれている点です。

 

しかもいかにも日本を思わせる絵柄です。
中には蒔絵を思わせるものもありました。

 

 

1950年代から1960年代が、日本のブリキの玩具製造の最盛期だったようです。

 

この頃に作られたものは世界的にも価値が高く、
希少価値のあるものなどは、かなりの高値で取り引きされています。

コレクタードールの定番、バービー人形とは?

バービー人形は、世界中で愛されている人形で、収集家も多くいます。
60年もの歴史もあり、初期の頃から現代まで、色々と変遷して来ましたし、種類も豊富なので、好きな人にとってはたまらない魅力を持った人形と言えましょう。

 

 

バービー人形は1959年にアメリカのマテル社で誕生しました。
マテル社の創業者の一人が、スイスへ旅行したさいにおみやげとして購入したリリという人形がモデルになったと言われています。
リリは、プロポーション抜群の人形で、それをヒントにモデルのように完璧なプロポーションのバービー人形を考案したのです。

 

 

バービーは17歳のモデルというプロフィールになっていて、スキッパー、ステイシー、チェルシーという3人の妹がいます。
ミッヂという友達がいて、ケンというボーイフレンドがいます。
ですが、2004年には新ボーイフレンドのブレインが登場し、ケンとは破局したと話題にもなりました。

 

 

バービーは60年あまりの歴史の中で、顔立ちが随分変わって来ました。
最初の頃は目が少し吊り上がっていて、かなり大人っぽい顔立ちです。

 

目も長し目っぽくなっていましたが、1971年頃から目が正面を向くようになり、
現在のバービーはぱっちりした目元で、口は歯を見せて笑っています。

 

 

初期の頃のバービーは、パリ・コレを参考にした高級でエレガントな洋服を着ていました。
ですが、ミニスカートが流行り出すと、ミニを着るようになりました。

 

 

バービーが扮する職業も色々で、
パイロット、医師、宇宙飛行士、女優、ニュースキャスター等、
時代とともに変わってきています。

 

 

1977年からは歯を見せて笑っている口元になりましたが、
これはその頃、テレビ番組の「チャーリーズ・エンジェル」に出演していた、
ファラ・フォーセットのイメージが元になったそうです。

 

ファラ・フォーセット演じる探偵は、活動的でかっこいい、
しかも笑うと白い歯が印象的だったので、
そういう女性像にバービーも倣った形です。

 

 

また1980年には黒人のバービーが登場し、
その後、色々な人種のバービーがそれぞれの民族衣装を着ているものが登場します。

 

これも時代の風潮に倣い、いつも白人のバービーでなく、
黒人だったり、ヒスパニックだったりするようになりました。

 

現在では、車いすに乗っているバービーも登場しています。

 

フィギュア・コレクタードールの通販 アダルトフィギュア 萌えフィギュアも取扱い

TOPへ