世界中で人気、ハローキティ

ハローキティ(通称キティちゃん)は、今や世界中で人気になっているキャラクターです。
ありとあらゆるグッズになっていますから、ハローキティを見たことがない人は、まずいないでしょう。
しかも海外のスターたち、例えばキャメロン・ディアスやマライヤ・キャリー、ブリトニー・スピアーズ等(他にも色々なスターたち)がキティファンとして知られています。

 

 

ハローキティは擬人化された猫と言えましょう。
猫なのに、人間という感じです。
左側の耳に必ず赤いリボンをつけているのが特徴です。
1974年にサンリオからキャラクターとして誕生しました。
日本生まれなのに、イギリス人で、名前もキティ・ホワイトといいます。

 

 

ハローキティのコレクターはかなりの数を集める傾向がありますが、その中でも最大のコレクションでギネスブックに登録されたのが、日本の男性です。
男性という所が面白いですが、コレクション数は5000個以上になります。
収集歴は35年で、奥様に協力してもらいながら集めたようです。
しかもこの男性は元警察官ということですから、ハローキティを好きになる人は、性別も年齢も関係なくなっているのかもしれません。
この男性がハローキティを好きになったのは、ほっと人を癒すキティちゃんの顔だそうです。

 

 

ハローキティのアメリカでの人気もかなりのものです。
ロスアンゼルスでキティちゃんの誕生40周年の記念イベントが開かれたのですが、会期中(4日間)には25,000人の人たちが訪れたとのことです。

 

 

「可愛い」という日本語がアメリカで定着したのも、このハローキティの可愛さから広まったようです。
キティちゃんには口がないので、見る側の主観でどのようにでも表情が変わります。
それも人気の理由の1つのようです。

TOPへ