ちょっと個性的な人形、コレクタードール ブライス

最近特に人気が高まっているのが、着せ替え人形の「ブライス」でしょう。
頭でっかちで、細身の体に大きな顔がのっています。
大きな大きな可愛い目を持っていて、ちょこんとした鼻や小さな口が可愛い、個性的な人形です。
2001年にパルコのコマーシャルに採用されて、日本では有名になりました。

 

 

ブライスは1972年にアメリカで生まれた着せ替え人形なのですが、そのあまりに個性的な雰囲気が子供たちには好まれなかったようで、1年あまりで販売が終了してしまいました。
その後、写真家のジーナ・ガランがブライスをモデルとして写真集を出版しました。
様々な状況を設定して、そこにブライスがいるという写真集なのですが、ブライスは人形なのに、人間のような表情があるので、その写真集の素晴らしさでブライスにまた脚光が当たります。

 

 

2001年には日本のパルコがブライスをコマーシャルにモデルとして起用し、それがきっかけでさらに人気が上がり、現在もどんどん人気が増して行っています。
この人気は日本だけでなく、海外にも広まっています。

 

 

このブライスが今なお人気になっている理由の1つは、ブライスの種類の豊富さにあるようです。
髪型、髪の色、目の色、着ている洋服、それぞれ個性にあふれたブライスが売られています。
なので、コレクション欲も沸き上がるのかもしれません。
「これも欲しい、あ、これも欲しい」と思ってしまうのですね。

 

 

また、ブライスの人気のもう一つの理由が、ブライスをカスタムすることが出来る、という点です。
カスタムというのは、人形を自分好みに変えてしまうというものです。
もう少し鼻を可愛くしようと感じたら、いわゆる彫刻刀のようなもので鼻を削り、口元も少し変え、まつげの長さをもっと長くし、髪の色を変える、という風にです。
これは普通の人形なら絶対に出来ないのですが、このブライスなら出来るのです。
ブライスのカスタム教室もあります。

 

 

ブライスの新作はコレクターの間で、争奪戦となっています。
なぜなら、そんなに大量に販売しないからなのです。
それは、量産して粗末に扱われることのないようにしているのです。
しかも人形としての値段も安くはありません。
1体が約2万円ですから、ブライスが本当に好きな人が買うことになります。
そして、気にいったブライスを少しづつ増やして行くのかもしれません。

TOPへ